読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育環境観測所

3・11以後、生き方を見直しました。自然災害と放射線の低線量被爆にさらされた地域に根差した生活をやっていきます。教育と環境の視点で試行錯誤しながら。

田中正爺現る 「 余は栗原の百姓なり 真の文明は山を荒らさず                    平和憲法を破らず 少数者を殺さざるべし 」

足尾銅山問題同様、現代の権力による弾圧現場に現れる田中正造ならぬ田中正爺です

f:id:pecopecope:20150906230141j:plain

2014年5月20日国会前に出現!

 指定廃棄物最終処分場(長期保管施設)候補地の白紙撤回を求める署名

      1万7713筆(2015・09・02現在で2万767筆)環境省に提出する

 

 

f:id:pecopecope:20150906230304j:plain

2014年6月14日 候補地見学会で登場!

 深山?(地元じゃそんな呼び方しない!)秀峰栗駒山を望む深山牧場と隣接する森林一帯を言うらしい。一迫・二迫川に分水嶺、水源涵養地帯である。宮城北部森林管理署によると、正式名称は宮城県栗原市栗駒沼倉 栗駒国有林9と2外と栗原市花山本沢岳山 本沢嶽国有林39ほ1外となる。(栗駒文字地区だけの問題じゃないよ。むしろ、花山や一迫の上流です。)つまり、あの世界最大の地滑りを起こした火山地帯、栗駒山山麓であり、花山少年自然の家の上流の山麓である。地質上の不適地性はもちろんだが、そもそもここは、国有林だそうです。幕末に薩長反乱軍政府によって奪われた土地奪還問題が、130年以上経った現在、長州勢力の政府によって再び取り上げられようとしているというのがこの問題の基本的な構図であるといえるのではないでしょうか。