読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育環境観測所

3・11以後、生き方を見直しました。自然災害と放射線の低線量被爆にさらされた地域に根差した生活をやっていきます。教育と環境の視点で試行錯誤しながら。

参議院特別員会 軍事クーデターか?! その1 2015年9月17日16:55

↓ もはや強行採決とさえも言えない暴力スクラムによる不当決議

f:id:pecopecope:20150917194322j:plain

 

↓ 違憲の選挙制度で占めた数の力を振りかざし、採決の賛同をあおる議員たち

f:id:pecopecope:20150917194647j:plain

 

↓ 「採択」をめぐる両論

f:id:pecopecope:20150917195202j:plain

↑「危機管理の問題なので・・・すきまのない法整備をすることが一番・・・       (反対の声が取り巻く中で採決するのは、)日本を取り巻く環境が厳しさ増している。

 法案を受けて自衛隊がしっかり訓練をする、備えをすることが必要だから。」という 与党の筆頭理事として、鴻池議長の代理を務め不信任案の討議の際の議長であり、採決強行の最前戦にいた佐藤議員の発言は、

「国際情勢が変化したから日本は軍事態勢に入る」旨の宣言と同意であると思います。

しかも、災害救助のための法整備の必要性を例に挙げ、軍事行動と同列に理由づけしている論理の拙さは説得力欠如であり、この法案の欠陥性を示しています。

f:id:pecopecope:20150917205334j:plainf:id:pecopecope:20150917203928j:plain

「女子高生あかりちゃんに教わるヒゲの隊長」より

 

今の日本の議会制民主主義これが実態であるとすれば、国民の一人としてできることは、

 誰がどんな行動をしたかを、しっかり検証し、

 次の本会議でのクーデター防止と、議会制民主主義再生のために、政治行動・投票行動の第一歩を勇気をもって実行していくことだと思います。