読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育環境観測所

3・11以後、生き方を見直しました。自然災害と放射線の低線量被爆にさらされた地域に根差した生活をやっていきます。教育と環境の視点で試行錯誤しながら。

台風10号 東北初上陸 原発直撃 暴風雨による汚染拡散と   汚染水流出警戒情報を!

 8/29 NHKニュースが原発作業停止予定(たいした報道内容ではない・・・)

8/29 テレビ朝日 報道ステーション原発への影響に言及(コメントだけ・・)

他にもあるかもしれませんが、関心大の私が今のところ目にした地上波TVの報道例です。気象データは、なぜか福島通過の時間をかわして、

             通過後のことばかり強調しています・・・?!

あいかわらずの情報隠し!

 マスコミのみなさん、3・11の教訓を生かし、報道の名誉回復できるか否かは、

数時間後にフクイチに再接近する今こそ、原発事故の真実を伝えることができるかどうかにかかっています。

 いかがわしい「緊急事態条項の整備」よりも、真実を伝える報道こそが求められています。

 せっかくの気象庁の客観データを生かし、SPEEDIのような予測シュミレーションを最大限活用して伝えてください。

f:id:pecopecope:20160830085442j:plain

f:id:pecopecope:20160830085503j:plain