読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育環境観測所

3・11以後、生き方を見直しました。自然災害と放射線の低線量被爆にさらされた地域に根差した生活をやっていきます。教育と環境の視点で試行錯誤しながら。

「モヤモヤ紅白」のお口直しは、NHKニューイヤーオペラコンサートで!

 紅白の失望感を吹き飛ばしてくれたのは、やはりNHKの良質番組でした。

f:id:pecopecope:20170103210742j:plain

 日本の音楽文化の底力をしっかり伝えてくれました。正月3ケ日の終わりにふさわしい心地よい声楽に酔いしれることができました。「奇抜な」というべきステージ隅のバーカウンター仕立ての司会席は、エスプリの効いた大人の会話で和やかな進行を演出していました。

 比べるのもなんですが、政治垢にまみれたような紅白は、今回で完全に価値を失墜しました。三輪さんの代わりに。奮闘した大竹しのぶさんなど、出場歌手おひとりお一人は素晴らしいとは思うのですが、何せあの演出と流れの中で、じっくりと歌を鑑賞するという基本的なところが損なわれてしまっていたのは確かだったと思います。民放番組と比べても、音響や演出、持ち時間など純粋に「音楽ファウスト」の番組作りをしていたかという点では明らかに劣っていたのではないでしょうか。最近の民放の方が、歌手のパフォーマンスを最大限発揮させる演出・構成に力を入れているように思えます。

 ほんと、受信料を払う気が失せるところを、かろうじて首の皮一枚でつないでいるのが、この「ニューイヤーオペラコンサート」のような、たま~に放送する珠玉の番組なんですよね。コレハ戦後文化の成熟に貢献したNHKマン魂をもったスタッフががんばっている稀有な例なのでしょうか。この際あらためて放送法の見直しを含めて「公共放送NHK」の在り方を再検討するべきと考えます。

 

 

 

NHK紅白アナウンサーによるピコ太郎ダンス「ゴジラ・マイク」・・・はからずも、政府広報放送局としての正体をさらしていた!

 f:id:pecopecope:20170102205202j:plain

ゴジラマイク」のアナウンサーが伝える報道はまさに「Post-truth」!

 震災復興やオリンピック国威発揚まではありがちとしても、この、惨事便乗型政策を体現するかのようなゴジラ演出は許せません。意味不明どころではなく、茶番劇で感情をかき立て、音楽を戦略的に悪用するかつての戦時下国営放送と変わりありません。

 ちなみに、ピコ太郎風に言えば、「ゴジラマイク」とは、危機を煽って国民を誘導する「P・P・A・P」ならぬ、「P・P・G・D… プロパガンダ」?。

 まだ「タモリ・マツコ夫婦」コントの方は、受信料問題をさりげなく取り上げていてガス抜き演出としての意味があったと思います。 

 新しいNHK会長のもとでも政府広報路線が続くのでしょうか?

台風10号→原発直撃→暴風雨による汚染拡散注意報道を!(その2)

f:id:pecopecope:20160830121746j:plain

8/30正午 今まさにフクイチ沖を台風の目が通過中です。

NHKは特集ニュースを流し続けるも、福島沿岸の実況原発付近はあえて触れず?!

★いわきのライブ動画と南相馬の中継のみ。

★汚染物流出と原発作業の停止を過去映像ニュースのみ。

 

8/25の持論口論や解説スタジアムでは、比較的鋭い切り口の原子力問題テーマの番組を放映したNHKでしたが、報道の真価を問われるのは、まさに今、緊急事態の今、どんな現場の実況報道ができるかです。市民から真実を遠ざける報道の現状のままでは、今後どんなに美名の「緊急事態条項」が作り出されようとも信用ならないし「本営発表」でしかありません。

 あふれた汚染水は大量に港湾に流れ出し、希釈され基準以下の濃度で外洋に流出する。これをアンダーコントロールと呼ぶとしたら、為政者はこの台風を大歓迎しているに違いないでしょう。

f:id:pecopecope:20160830132137j:plain

 

台風10号 東北初上陸 原発直撃 暴風雨による汚染拡散と   汚染水流出警戒情報を!

 8/29 NHKニュースが原発作業停止予定(たいした報道内容ではない・・・)

8/29 テレビ朝日 報道ステーション原発への影響に言及(コメントだけ・・)

他にもあるかもしれませんが、関心大の私が今のところ目にした地上波TVの報道例です。気象データは、なぜか福島通過の時間をかわして、

             通過後のことばかり強調しています・・・?!

あいかわらずの情報隠し!

 マスコミのみなさん、3・11の教訓を生かし、報道の名誉回復できるか否かは、

数時間後にフクイチに再接近する今こそ、原発事故の真実を伝えることができるかどうかにかかっています。

 いかがわしい「緊急事態条項の整備」よりも、真実を伝える報道こそが求められています。

 せっかくの気象庁の客観データを生かし、SPEEDIのような予測シュミレーションを最大限活用して伝えてください。

f:id:pecopecope:20160830085442j:plain

f:id:pecopecope:20160830085503j:plain

3・11以来の大転換点7・10参院選後の平和憲法破壊国会誕生阻止を

 核の時代以降、軍縮の先進的役割を担うはずだった日本の平和主義外交を、

詭弁と欺瞞に満ちた解釈変更と安保法制強行で破壊し続けてきた戦後与党の

ゾンビ復活をこの選挙で決定づけてはなりません。

 平和主義憲法の破壊と環境破壊、経済破綻はすべて戦後与党のごまかし政治のつけの噴出です。たまたまリーマンショックと大震災・原発事故の矢面に立っていた当時の政権にすべての責任を押しつけ、二重のごまかしの上に、国会圧倒勢力支配をもくろんでいます。

 原子力政策の責任のがれどころか経済政策や安全保障政策まで国民を欺く今回の参院選は、真の民主主義をいかに育て守ることができるかが問われる一票です。

 言葉狩りの横行する大衆迎合プロパガンダの氾濫の中で、指標となる戦後平和主義教育の原典があります。

f:id:pecopecope:20160710114528j:plain

1947年8月2日に当時の文部省が、同年5月3日に公布された日本国憲法の解説のために新制中学校1年生用社会科の教科書として発行した「あたらしい憲法のはなし」です。

 ・・・そこでこんどの憲法では、日本の國が、けっして二度と戰爭をしないように、二つのことをきめました。その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戰爭をするためのものは、いっさいもたないということです。これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戰力の放棄といいます。「放棄」とは「すててしまう」ということです。しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。日本は正しいことを、ほかの國よりさきに行ったのです。世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。

  もう一つは、よその國と爭いごとがおこったとき、けっして戰爭によって、相手をまかして、じぶんのいいぶんをとおそうとしないということをきめたのです。おだやかにそうだんをして、きまりをつけようというのです。なぜならば、いくさをしかけることは、けっきょく、じぶんの國をほろぼすようなはめになるからです。また、戰爭とまでゆかずとも、國の力で、相手をおどすようなことは、いっさいしないことにきめたのです。これを戰爭の放棄というのです。そうしてよその國となかよくして、世界中の國が、よい友だちになってくれるようにすれば、日本の國は、さかえてゆけるのです。

・・・(引用おわり)

 朝鮮半島が不穏な情勢となった1950年4月にこの教科書は副読本に格下げされ、1952年4月から発行されなくなりました。

 特に、引用文の後段(赤文字)は、現在はびこる敵国脅威論に対して明快な答えを示していると思います。警察権力も含めて自衛力組織の暴力装置の在り方と同時に、いかに平和外交政策や平和的文化交流の重要であるかを端的に示している文章です。

 戦後与党が、まぎれもなく掲げていた当初の理念の証拠であるこの教科書の平和主義は、やがて捻じ曲げられてきました。警察予備隊から自衛隊へ、そして集団的自衛権行使可能な国防軍へと策動してきた事実を冷静に見据え、私たちは未来世代に恥じない選択と抵抗を選挙の結果がどうなろうとも、続けていかなければならないと思います。

 

 

真の「安全保障」法案は憲法9条を破らず、真の文明は人を殺さざるべし。

 平和憲法を護り続ける誉高い国民のみなさん。特に、

先の戦争の反省に基づき、憲法を守ると誓って着任した

すべての公務員・議員のみなさんに訴えます・・・

f:id:pecopecope:20150924222328j:plain

 

2015年クーデターの暴力 検証(その3)              「 蓮舫 × 稲田」

自民党稲田政調会長の強弁は、稚拙強弁の繰り返し。もはや信者の妄言? 

f:id:pecopecope:20150924135610j:plain

「本会議で委員長が報告をし、反対討論をし、記名採決をして、採決をしている。全く

 手続きに瑕疵(かし)はない」

与野党合わせて5党が賛成した。強行採決ではない。」

「衆参合わせて200時間の審議を尽くした。」

・・・この9/20朝のフジテレビ「新報道2001」での発言事実から明白になったのは、

あったかなかったかもわからない混乱の委員会で生み出された幻の決議と、どんな合意かもわからない、閣議決定待ちの法案内容、まさにバーチャルな幻影空間にはまり込んだカルト信者の妄言としか言いようがありません。

 民主党蓮舫代表代行の反論・・・

f:id:pecopecope:20150924135121j:plain

「地方公聴会は報告されていません。

 特別委員会での採決は、議事録は残っていません。

委員外の議員が委員会の評決権を奪った採決の瑕疵は

自衛隊の派遣をめぐり、国会の関与を強化するとした、与党と少数野党3党との合意 

 内容について、委員会での説明がなかった。」 

「11本の法案で200時間を割れば1本あたり10時間でしかない。」

蓮舫氏の、義憤を抑え、理路整然と突き返す反論に対し、

稲田氏はただ、採決正当化のお題目を唱えるばかり・・・

f:id:pecopecope:20150924154952g:plain

 この政権与党の現実に唖然とするばかりですが、PKOではすぐにでも

これらの法案に則った海外での戦闘が現実となるかもしれません。

 緊急の暫定的連立政権を構えての、野党の大同団結以外、この独裁・専制政治への対抗策はなさそうです。